So-net無料ブログ作成

花粉症の薬のアレグラを常備しています。

自分がアレルギー体質なんだと知ったのは二十歳を過ぎた頃です。

いわゆる鼻水やくしゃみが止まらず、目のかゆみや身体のだるさが続くといった症状です。
ただ、花粉症だというのは病院へ行かずとも分かっていたので、当時はマスクをしたり、なるべく外出しない…という対策位しかありませんでした。

24歳の頃にスーパーのパートを始めたころ、花粉症が今までに無いくらいに酷くなり、レジを打つのが困難になってしまい、始めて花粉症で病院へ行きました。

そこで言われたのは、花粉症でアレルギー体質であるということです。

ずっと気になっていたのは、瓜科の野菜や果物を食べると喉がイガイガして違和感を感じていたことです。

お医者さんに話すと、大きな病院を紹介されてあらゆる花粉や野菜、果物のアレルギーテストを受けることになりました。

驚くほど様々なアレルギーに反応しており、この時からずっとフェキソフェナジンを処方してもらっています。

ただ、病院が遠いのと受診しなければ処方してもらえないので、忙しくて時間が無い時は代わりの市販薬のアレグラを使っています。

心持ち、病院から処方されるフェキソフェナジンと比べて効きが弱い様な気もしますが、今はどこのドラッグストアーにも置いているので、いざという時に非常に助かっています。

私の場合は、処方されたフェキソフェナジンの代わりに使っていますが、アレグラ一本で使う方にとっては、中に入っている錠剤に番号が記入されており、飲み忘れがないように配慮されているので、安心して飲めると思いました。

効果も朝のめば夕方まで大丈夫ですし、そのまま夕方も飲めば丸一日ラクになります。

錠剤も小さくて飲みやすいですし、薬を飲むのが苦手な私でも、つかえずに飲めます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。