So-net無料ブログ作成

子どもの皮膚の湿疹にアルメタ軟膏を使用しました。

私の娘は普段は肌はきれいなのですが、風に当たりすぎたりすると顔や手に赤みや出てかゆくなることがあります。

小児科の先生に相談をすると初めはキンダベートというの軟膏を処方してくれました。

しかし、血が出るくらいひっかいたことがあって、すぐに治したいというとアルメタ軟膏というこれもまたステロイドの軟膏を処方してくれました。

私自身が子供のころからアトピーだったのでステロイドに抵抗はなかったのですが、顔に塗っても良いというので弱めのステロイドなのかなと思いました。

それでのキンダベートよりは効果が抜群で1日で効果が出ました。

それから小児科に行ったときに、娘の皮膚の調子が悪いとだいたい「アルメタを塗っておけば大丈夫」と言われ、確かにアルメタを塗ると毎回すぐによくなりました。

アルメタは皮膚の湿疹全般に効く万能のステロイドなのだなあと思いました。

この前、娘ではなく親の私の方も冬の感想で唇の脇がひび割れたようになり、手元の薬ではなかなか治らなかったのですがこれも先生に相談すると「アルメタで大丈夫」と言われました。

確かにアルメタを唇の口角に夜寝る前に2,3日塗るとそれだけで口角のひび割れが改善しました。

アルメタ軟膏は子供にも大人にも効果のある汎用性の高いステロイドなのだなあと思いました。

最近では娘よりも私の方がアルメタ軟膏を使っています。

顔にも塗って良いので決して強すぎるステロイドではないようで安心して使うことができます。

クリームではなく軟膏なので、必要な時に少量だけ塗るようにしています。

跡が残ったり、使用した後が湿疹になりやすくなるような副作用もありません。

これからもアルメタ軟膏は親子ともども常備薬として使っていきたいと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。