So-net無料ブログ作成

ナウゼリンは吐き気止めとしてよく効きます

ナウゼリンは、よく小児の風邪等に依る酷い嘔吐を抑えるのに、座薬として使われますが、大人用もあります。大人用は白い錠剤です。

私がナウゼリンを処方されたのは、広場恐怖症への薬としてサインバルタを処方された時でした。サインバルタは、初めて飲む人には吐き気が強く出る場合があるとの事でした。胃腸があまり強くない私は恐る恐るサインバルタを服用しました。

確かに胃が揉めました。吐き気もありました。そこで、後からナウゼリンを服用しました。飲んで20分程で吐き気が綺麗に収まりました。吐き気止めとしては効果が高いと思いました。

その後で、子供達が小さい頃吐き気止めとして処方してもらっていた座薬が、ナウゼリンだった事を知りました。

子供達の事を思い返しても、自分がサインバルタを飲んだ後ナウゼリンを飲んだ後でも、ナウゼリンは吐き気には効果があります。特に子供の嘔吐が続いている時は、口からナウゼリンを飲んでもすぐ吐いてしまうので、座薬にしているのでしょう。

ナウゼリンの働きは、胃腸の動きを活発にして、胃の中の物を腸の方へ送り出すので、吐き気が止まるのだという事です。

私も最初の1週間位はナウゼリンを服用していましたが、その後はサインバルタに身体が慣れたのと、夜サインバルタを服用する事になったので、ナウゼリンを飲まなくてもよくなりました。

子供達が小さい頃、ナウゼリンは解熱剤とは違い、それ程の回数は使った事はありませんでしたが、ナウゼリンを入れた後、水分だけでも摂らせることが出来るのでホッとしたことを覚えています。最近はすぐお医者さんで点滴をするようですが、開業医では点滴はまずしません。総合病院が近くに無い時、ナウゼリンは本当に助かります。

胃を荒らす程度の薬なら、胃薬で済むのですが、サインバルタのような吐き気が強く出てしまう薬にはナウゼリンの方が効果があるようです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。